困ったときや迷ったとき、「占い師に相談してみよう!」と思う人はあとを絶ちません。もちろん世の中には、実力のある占い師も多く存在しています。「統計学」とも言われる占い、実力がある人が扱えば、ひとつの助けになるものであることは間違いありません。

しかし、問題なのが、実力がない占い師が実力を偽って占いをしているケース。実力がないだけではなく、中にはすがってくる人を利用して高額のお金を巻き上げる悪質な占い詐欺師も多くいるんです。
今回は、悪質な占い詐欺の手口やその対策について解説します。

あなたも心当たりがない?占い詐欺でこんな被害が多発!

無料鑑定だけのつもりが、気がついたら20万円を課金していた

A美さんは、結婚して15年の専業主婦。子供も小学生になり、子供が学校に行っている平日の間はやっと自分の時間が持てるようになりました。

家事がひと段落してからダイニングでパソコンやスマホをいじるのが日課になっていたあるとき、何気なくクリックした占いサイトで「有名占い師が今だけ無料鑑定!」という文字を見つけました。

生年月日とメールアドレスを専用のフォームに入力して情報を送信すると、占い師から鑑定結果が送られてくるというもの。情報を送信することで会員登録され、ボーナスポイントがもらえる仕組みです。そのポイントを使ってお試しの鑑定ができるというシステムになっていたので試しにメールを送ってみたところ、占い師を名乗る女性から長文のメールが届きました。

そうしてやりとりをしているうちにポイントを使い切ったAさん。しかし、肝心の鑑定は終わっていません。せめてこの鑑定だけでも…と3,000円を支払ってポイントを購入。しかし、気がついたらA美さんは20万円以上の課金を行なっていたのです…

今抱えている悩みを次々当てられ、「幸運を呼ぶ水晶」を100万円で購入

C子さんは30代後半の、いわゆるバリキャリと呼ばれるキャリアウーマン。順調にキャリアを伸ばしてきましたが、ここにきて異動先の上司とソリが合わず、仕事が苦痛になってきてしまいました。

仕事に打ち込んでいたため、彼氏ともうまくいかず、未だ独身。結婚したいとは思いつつも、仕事との両立ができるかも不安で悩んでいたところ、「よく当たる占い師がいる」という噂を聞いて、試しにとその占い師のところに行ってみました。

占い師はC子さんを見るなり、「仕事がうまく行っていないのね」と一言。そのあとも、結婚していないこと、仕事との両立がはかれるか悩んでいることを当てられて、「この人は本物だ」と確信します。

一通り鑑定が終わって、お金を支払って帰ろうとしたところで、占い師がC子さんを呼び止めました。

「あなたの運勢はこれから下降線をたどります。このままほうっておくと、一生結婚できません。それを食い止めるために、この水晶をお守りに持っておくといいですよ。普通ならお譲りしないけれど、あなたのことが心配だから特別にお譲りしてもいいです」

C子さんの状況はどん底で、ストレスもMAXの状態でした。この状況が終わるなら、なによりこの人の言うことなら間違いないと、C子さんは占い師が手に持っている水晶を、なんと100万円で購入することにしたのです。

「まさかそんなことありえないだろう?」というような被害額ですよね。ここにあげた例はフィクションを入れていますが、実際の被害事例では数百万、数千万の被害にあったという人もいます。占い詐欺の怖いところは、「気がついたら財産が飛んでいた」というところ。C子さんのように、いきなり大金を奪われるというケースもありますが、少しずつのお金を徐々に奪われるケースが多いのです。

こんな占い師に気をつけろ!占い詐欺の手口

コールドリーディング法

先ほどのC子さんは、自分の悩みを次々当てられて「この人は本物だ」と確信して、その結果詐欺被害にあっています。実は、これこそが占い詐欺の手口なんです。「コールドリーディング」という言葉を聞いたことはありませんか?

コールドリーディングとは、巧みな話術であたかも事実を言い当てたかのように相手に「思い込ませる」手法です。たとえば、「あなた、最近トラブルに巻き込まれたことはない?」と聞かれたとします。この時点で占い師は何も言い当ててはいませんが、聞かれた方は「言われてみればあれのことかも…」と勝手に言われたことに事実を当てはめていくのです。

これが続くことで、「言い当てられた!」という気持ちにさせていくのが、占い詐欺の手口です。

不安を煽って何度も通わせたり、物を買わせたりする

こちらもC子さんの例ですが、C子さんが水晶を購入したのは、「このままでは一生結婚できない」と言われたことで不安を煽られたことが大きな理由です。もしも「この水晶を持っていればもっと幸せになりますよ」と言われていたとすれば、「まあいいか、高いし」と購入には至っていないかもしれません。

「このままでは大変なことになる」「一生結婚できない」「不遇の人生が待っている」というような不安を煽る行動も、占い詐欺の手口です。高額の商品を買わせる手口は、占い詐欺だけではなくスピリチュアル詐欺や霊感商法詐欺にも共通しています。

参考記事:あなたを狙うスピリチュアル詐欺にご注意を!その手口と対策法を解説

参考記事:あなたの家族は大丈夫?霊感商法詐欺の悪質極まりない手口と実態

曖昧に濁して相手に執着させる

A美さんは、無料鑑定だけで終わらせるつもりで占いサイトに会員登録をしました。最初は特典のポイントの範囲内で鑑定を楽しむつもりでしたが、なかなか明確な鑑定結果が出ないことから、「もう一通」「これで最後にする」と、ずるずると占い師とのやりとりを続けさせられた結果、20万円という高額な金額を課金しています。

これもまた占い詐欺の手口の一つ。鑑定結果を曖昧に濁すことで、「もっと知りたい」と相手に思わせ、鑑定を長引かせているのです。

占いサイトは詐欺ばかり?その呆れる手口とは

最近では、A美さんが被害にあった「占いサイト」の詐欺も横行しています。中には、占いサイトのほとんどが詐欺サイトだという人も…その手口を見ておきましょう。

会員登録をさせ、ポイントを買わせるのが目的

無料占いをうたう良心的なサイトは、クリックすれば鑑定結果が見られるようになっています。しかし中には、空メールを送ったり会員登録をしたり、とユーザーからのアクションがなければ鑑定結果が見られないような仕組みになっている占いサイトもあります。これがくせものなんです。

最初は無料でポイントがもらえる仕組みになっているため、そのポイントを使って鑑定を依頼します。しかし、返ってくる鑑定結果は曖昧で、的を得ない内容ばかり。もしくは、最後に気になる一文が書かれていて、続きを読まなければスッキリしないようになっている…

そうして、さらにポイントを購入させ、お金を奪うという仕組みになっています。さらに悪いことに、ユーザーからアクションをおこさせることで、ユーザーの情報も手に入れることができるのです。

返信させることで、「本当に占っている」と思わせる

占い詐欺サイトによくある手口の一つとして、ユーザーに相談内容などを返信させることで占い師とやりとりをさせ、「ちゃんとした鑑定を受けられる」と思わせるという手口があります。

先ほどのA美さんもこのケース。占いサイトの詐欺被害にあった人の多くが、「何時間もずっと座りっぱなしでやりとりしている」「携帯を手放せない」と話していますが、これこそがこのやりとりの結果です。

返事が来るから、また反応してしまう。しかし、このメールの往復にポイントが消費されていくんです。占い詐欺の手口ですので、注意してください。

未払いの料金があるので支払えと督促がくる

悪質な占いサイトでは、無料会員登録の時点でクレジットカードの番号などを要求してくるところもあります。ユーザーとしては「無料の範囲内で使うだけだから、登録していても問題ない」と思いますよね。それが大間違い!

「自動後払いシステム」になっている占いサイトを見たことはありませんか?どういうものかというと、ポイントの残高が0になった時点で、自動的にポイントが加算されるという仕組みになっているんです。もしもクレジットカードの登録をしていたとしたら、自動的にクレジットカードで支払いが行われることになります。

支払い方法の登録をしていないなら大丈夫、と言いたいところですが、その場合は執拗に請求のメールが来る被害が多発しています。中には、「料金を支払わなければ裁判所や警察を使う」といった脅しをかけてくるところもあります。

退会メールを送っても退会できない

会員登録をしてしまったり、サイトに入会してしまったあとで「詐欺だった!」と気がつくことがありますが、そうすると接触を断つために、占いサイトの会員登録を解除したり、退会の手続きをとることになります。

良心的な占いサイトやコンテンツなどであれば、退会の手続きや会員登録の解除はスムーズにいくもの。しかし、悪質な詐欺サイトの場合は、退会したくてもできないことがほとんどです。

相手にメールアドレスを押さえられているため、退会メールを送ったあとでも執拗にメールが届きます。ひどい時には、電話がかかってくることもあります。

あなたも狙われてるかも…占い詐欺師に狙われるタイプはこんな人

重大な問題を抱えている人

命に関わる重大な病気を抱えていたり、家族に問題を抱えていたりするときには、なんとかして状況を改善させたいと思うものです。人によっては、と自力でなんとかするという人もいますが、やはり中には「状況が好転するならどんなことでも信じる」「いくらでも払う」と思ってしまう人もいます。

占い詐欺は、そんな心の隙間にたくみに入り込んで、気持ちを利用してお金をどんどん巻き上げていくのです。

依存心が強い人

「占いはいいことしか信じない」「人生は自分で作っていくものだから占いは信じない」このような人もいますが、「困ったときには全て占い師に相談する」「自分では決められない」というような依存心の高い人は、占い詐欺師から狙われやすいので気をつけてください!

占い詐欺師は、自分に依存させ、自分のいうことを聞くように洗脳していきます。洗脳すれば、「この石を持っていれば不幸が寄り付かなくなる」と言えばその石を買ってくれますし、「毎週占いに来なさい、見てあげるから。そうすることで運気が整います」といえば、おとなしく毎週来るでしょう。

依存心が強い人は、悪質な占い師にとっては格好のえじきなのです。

占い詐欺は犯罪?違法?返金を求めるのが難しい理由

占い詐欺で返金を求めるとき、まずは相手の占い師の行動が、法律や条例に反するものである必要があります。

占い詐欺にあった人が一番求めることは、「これまでに払ったお金を全部返して欲しい」ということでしょう。実際に、消費者センターや弁護士に寄せられる相談の中にも、占い詐欺被害にあって返金を求めたいという相談が多いものです。

占い詐欺にあったとして返金を求めるとき、法律的な話をすると、まずは相手の占い師の行動が法律や条例に反するものである必要があります。法的に問題がなければ、返金を求めることは難しいのです。

しかし、占いは資格が必要ない職業の一つです。それに、未確定で真偽も不明な将来のことについての鑑定となるため、一概にそれが法律や条例に反する悪質なものであるという判断が難しいところがネックになっています。

ただ、それでも被害を受けたユーザーの働きかけにより、占いサイトや占い師から返金されたケースもあります。

被害をくいとめ、返金を求めるための4つの対策

1.執拗なメールや電話は無視して

基本的に、架空請求のメールや督促の電話は無視して相手にしないことです。昔から、悪質なアダルトサイトをクリックしてしまったあとで勝手に会員登録されていて、高額な架空請求のメールが届くようになったという被害が多発しましたが、占い詐欺もこれと同じ手口です。基本は無視!忘れないでください。

2.悪質度が増しているものは消費者センターに相談を

消費者センターには、日々、悪質な業者とやりとりをしてなんらかの被害にあった人からの相談が多く寄せられています。そしてその中には、占いサイトで被害にあったという相談も多く含まれています。

消費者センターは、占い詐欺に関して相談に乗ってくれるだけではなく、状況に応じて悪質な占いサイトと直接やりとりをしてくれます。消費者センターに相談することで、実際に返金につながった事例もあります。

占い師と何度も有料でメールをやり取りさせる占いサイト/独立行政法人国民生活センター

3.占い詐欺の証拠を集めて、直接返金請求する

最初は頼りになると思って占いをしてもらっていたが、途中から「どうもおかしい」「詐欺かもしれない」と考え始めることがあるかもしれません。

大切なのは、詐欺かもしれないその証拠をできるだけ多く集めておくこと。占い師から送られて来たメールはもちろんのこと、お金を払ったことがわかるような領収証や通帳などはしっかりと保管しておきましょう。

その上で、占い師や占いサイトに対して返金請求をするというのが一つの方法です。ただ、個人で動いて返金請求をしても悪質な占い詐欺師はそれに応じないこともありますので、消費者センターや警察、弁護士などを間に入れることがポイントです。

4.占い詐欺で高額の被害が出ているなら弁護士に相談しよう

占い詐欺で高額の被害が出ている場合は、一刻も早くお金を取り戻す必要があります。また、警察にうったえて被害が拡大しないよう、逮捕などの措置を撮ってもらいたいところでもあります。

もしも高額の被害で苦しんでいるなら、最初から弁護士のところに相談することが解決への近道です。警察に被害届を出すときにも、どんな被害を受けて、それがどんな犯罪にあたるのかをしっかりと説明する必要がありますが、法的知識がなければなかなか難しいところです。

それに、占い師や占いサイトに返金請求をするにしても、弁護士が間に入って弁護士の名前を出して返金請求するのと、個人的な名前で請求するのとでは、相手に与えるインパクトが大きく変わってきます。

詐欺師の中には、弁護士の名前が出たとたんに返金に応じるところも少なくありません。返金に応じずにトラブルを長引かせて、警察に行かれたり裁判を起こされて痛い目を見るよりは、さっさと返金した方が詐欺師側の被害も少ないからです。

弁護士は頼りになる存在です。ぜひ活用してください。

占い詐欺の大きな特徴は、「気がついたら高額の被害にあっていた」「盲目に信じ込んで抜け出せなくなった」という点にあります。占い詐欺の被害は多発しているので、消費者センターや警察でも相談に乗ってくれますが、早急に解決したいということであれば弁護士に相談するのが近道です。