昔から詐欺の世界はいろいろな意味でグローバルでした。

「タイで、エビの養殖ビジネスをいっしょにはじめないか?」 「アフガニスタンの通過を今のうちに購入しておけば、将来は億万長者になれる……!」

などなど、実態がよくわからない海外を利用した詐欺は多く、どの話も「ありえる」と思ってしまうことから、多くの方がこのような詐欺の被害に引っかかってしまっています。

もちろん、この手の詐欺にも注意しなければいけませんが、実は、もっと身近ところで、グローバルな詐欺の被害が増えしまっているのです。

その中でも近年、その被害が増加傾向にあるものが国際結婚詐欺です。

近年の婚活ブームの煽りを受けてか、多くの人が結婚に対して焦っていますが、国際結婚詐欺師たちは、そんな”焦り”を巧みに利用し、アナタからお金をだまし取ろうとします……というかお金をだまし取られるだけなら、まだマシな方です。

国際結婚詐欺師は日本の結婚詐欺師よりも悪質で、お金をだまし取るだけでなく、アナタの戸籍を汚し、犯罪のためにアナタを利用することすらあるのです。

「愛し合って結婚したはずなのに……」とアナタは思っているかもしれませんが、当の本人からすれば「最初からだますつもりだった」というケースがほとんどです。

しかも、こういった詐欺の裏には国際的な犯罪組織が関係していることもあり、国際結婚に関しては日本人との結婚以上に、注意が必要なんです!

まず知りたい国際結婚詐欺の手口 なぜ彼らは日本に来るのか?

日本人が日本人を騙す結婚詐欺なら、まだマシです。 「お金を取られる」という点では、まったくもってマシではありませんが、それでも戸籍を汚され”バツイチ”になることはありませんし。結婚した後に結婚した相手が犯罪に手を染めることは、ほとんどないからです。

しかし、国際結婚詐欺は違います。 国際結婚詐欺は、そもそも日本に住むことが目的――人によっては、日本で犯罪行為を行い、お金を稼ぐことが目的の場合も少なくありません。

最近では「日本は貧乏になった」とか「日本はもはや先進国ではない」のようなことが言われていますが、それでも世界的に見れば、日本はまだまだ裕福な国であり、多くの外国人、特に日本に近いアジア系の人であれば、日本に来てアルバイトでもすれば、その外国人が住む国では数十年働かなければ稼げないような額を、日本で働けばたった数年で稼ぐことができます。

しかも、まっとうな仕事ではなく、売春や強盗、空き巣などの犯罪を行えば、下手をすれば1年で本国で一生遊んで暮らせるだけのお金を稼ぐことが出来る場合も。

日本人からすれば、迷惑この上ないこの行為ですが、不逞外国人からすれば日本人と結婚し。 日本国籍を取得するだけで、大金を稼ぐチャンスが舞い降りてくるワケですから、この機を逃す手はありません。

その為なら、形だけでも好きでもない相手と結婚するのは当たり前。 一時的に身体を許すことだって、お金のためであれば、なんでもします。

また国際結婚詐欺の中には、本国で国際結婚詐欺ブローカーにお金を支払い(借金)、国際結婚詐欺を行うという組織的に犯罪を行うケースも少なくありません。

もちろん、中には国際結婚で幸せになるカップルもいるでしょうが、実際に国際結婚で幸せになる人はメディアで紹介される人ぐらい、極少数だと思った方が良いでしょう……。

アナタは大丈夫? 実際に国際結婚詐欺の被害にあった人の体験談

実際に国際結婚詐欺の被害にあっていない人間からすると「どうして、そんな詐欺に引っかかってしまうのか?」と思ってしまう部分があるでしょう。

確かに外国人を妻(夫)にするということは、改めて考えるとリスキーです。 生活習慣も、文化もまるで違う国の人間と一つ屋根の下に住み、暮らすということは双方にとって、非常に大きなストレスであることは想像に難くありません。

しかし、そんな当たり前の考えすらも「早く結婚しなければ!」という焦りの前では、思い浮かびもしないのです。

それでは、実際に国際結婚詐欺の被害にあってしまった人の体験談を参考に、国際結婚詐欺の手口と国際結婚詐欺師の特徴をご紹介したいと思います。

※個人情報保護の観点から一部フィクションを入れています。

【私の国際結婚詐欺 体験談】43歳 男性 Aさんのケース

私が国際結婚詐欺の被害にあってしまったのは、結婚相談所を利用したからでした。 今から3年前、39歳だった私は「いい加減結婚しないとヤバイな……」という気持ちから、婚活に力を入れていました。

ただ私の職業が農家ということもあり、なかなか私とおつきあいしてくれるような女性はおらず、いくつもの結婚相談所を利用して、私と結婚してくれるような女性を探していました。

そんな中で見つけた結婚相談所(以下、Y相談所)が悪質なところだったんです。 インターネット上のでは「外国人との結婚」なんて書かれておらず、私も特に警戒していなかったのですが、そこで紹介される相手が、なぜか韓国系や中国人ばかり……。

さすがに外国人ということもあって、私も軽快していたのですが、今まで利用していた結婚相談所で知り合った女性よりも、Y相談所で紹介される女性たちは遥かに若いし、私に対して優しく接してくれるので、私もついつい良い気になってしまって……。

それでY相談所で紹介してもらったチェン(仮名)という中国人女性と結婚を前提にお付き合いすることになったんです。

その子は私と15歳も年の離れた24歳で、留学のために日本に来たそうです。器量もよく、活発な子で、私はすぐに夢中になってしまいました。日本語もそれなりに上手だったし、意思の疎通もズムーズにできていたし何より彼女から「結婚するならAさんみたいな人が良い」と言われ、私も浮かれていました。

職業は大学生をしているということだったのですが、実際のところはどうだったんだか(苦笑) ただ私と付き合いはじめてから、1ヶ月ほど経って、そろそろ留学ビザの期限が切れてしまうので、自分の国に帰らなければならないとチェンは言い出しました。

外国人女性に夢中になってしまったAさんは……

その時は私も彼女に夢中でしたら、どうにかして中国に帰らない方法はないのか、いろいろと調べてみました。彼女も彼女で「中国に帰りたくない!」と泣いて私に訴えるので、私も彼女の迫真の演技に負けてしまい「それじゃあ、結婚しようか?」というように、彼女と結婚することに……今思えば、ここでやめておけば良かったんですけどね。

私の方の両親にチェンを紹介する前に、チェンの両親に挨拶に行くということになりました。私は中国に行ったことがないので、すべて彼女に任せることにして、彼女に言われたままの金額を支払いました。

30万円ぐらいだったでしょうか? 飛行機チケットやビザの取得費用やらホテル代やらで、30万円が必要だと言った、彼女の言葉を信じたのですが、これが国際結婚詐欺の第一歩だったんでしょうね。

チェンと一緒に両親に挨拶に行き、両親の会話を彼女が通訳するとチェンの両親から「結婚するにはお金が必要だ」と言われてしまいました。なんでも国際結婚の許可が最近は厳しくなっており、役人に賄賂を渡すために100万円近いお金が必要になるということだったのです。

さすがに「そんなにするのか!」と思いましたが、チェンと離れたくない一心で後日、日本に帰ってからチェンの両親に100万円を送金しました。その後、チェンの両親から結婚の許可を得たということで、Y相談所に制約金やらなんやらで、こちらも50万円近いお金を支払いました。

ただこの時には「チェンとやっと結婚できる!」という思いの方が強かったので、お金を支払うことになんのためらいもありませんでした。

実際に400万円近いお金を支払い結婚式もやって、新婚旅行も行って……という時ぐらいからチェンの態度が一変したんです。

新婚初夜を別々のベットで。 その後、一緒に住んで農業を手伝ってもらうはずが、チェンは一切手伝うことなく、ネットで何やらチャットを楽しんでいるようでした。

私はそんなチェンの態度に「時間が経てば変わってくれるだろう」と言う淡い期待をしていたのですが、その期待は最悪の形で裏切られることになったのです。

ある日、両親と一緒に農作物を出荷して家に帰ると、おいてあったテレビや金目のものが一式チェンと共にその姿を消していたんです。

その時は、チェンの身に何かがあったのではと、必死で心配しましたが、警察が来て、鑑識さんに色々調べられた結果、チェンが手引したのでは、ということが判明しました。

その後は、上へ下への大騒ぎです。 警察に被害届を出して、探偵に捜査を依頼して……で、結局、Y相談所も含めてその後は、一切連絡が取れなくなってしまいました。

警察の話を聞く限りでは、Y相談所にだまされて国際結婚詐欺の被害にあった方は10人近くいらっしゃったようで、中には1000万円以上もだまし取られたケースもあったそうです。

この事件のおかげで私の父と母はめっきり老け込んでしまいました。 私も当分、結婚はごめんかな……といった感じです。

【国際結婚詐欺の実態】結婚相談所も含めて国際結婚詐欺犯の可能性があります!

Aさんのようなケースは、決して珍しいケースではありません! 警察発表による国際結婚詐欺の被害にあってしまう、約80%が男性らしく、結婚適齢期を過ぎている独身男性は、近づいてくる外国人女性には注意を払ったほうが良さそうです。

今回のケースで残念ながら、多額のお金をだまし取られてしまったAさんですが、Aさんの弊社への相談と迅速な対応により、ある程度のお金をY相談所から返金させることに成功しました。

それでも、Aさんが失ったお金と心の傷は大きく、未だに立ち直れてはおりません。 他の方も外国人女性と結婚を予定しているのなら、Aさんのようにならないためにも、今一度お付き合いしている外国人女性のことを、冷静な目で見ることをオススメします。

さて、Aさんが非掛かってしまった国際結婚詐欺は、非常にオーソドックスなパターンです。それでは改めて、Aさんのケースを整理してみましょう。

  1. 結婚相談所から外国人女性を紹介される
  2. 外国人女性に優しくされ、夢中になってしまう
  3. 外国人女性や両親に何かにつけてお金を要求される
  4. 「お金の要求」を我慢し、外国人女性と結婚してしまう
  5. 結婚し、外国人女性が日本国籍を取得すると態度が一変
  6. 結婚した外国時女性と離婚するor突然いなくなる
  7. 国際結婚詐欺だということに気がつく

「恋は盲目」とは言うものも、婚活中に日本人女性に振り向かれず、存外な扱いを受けてきた男性からすれば、たとえ外国人女性であっても、優しくされれば「コロッ」とカンタンに落ちてしまいます。

そういった日本人を狙った結婚相談所絡みの国際結婚詐欺は少なくなく、最初から国際結婚詐欺を行うことを前提に、結婚相談所を解説している犯罪組織もあるほどで、国際結婚詐欺にだまされないためにも、信頼出来る結婚相談所を見つけることが、重要ですが、それを見極めるのは、なかなか難しい。

特に結婚適齢期を過ぎ、親や周囲からも結婚を迫られている長男の方にとっては、「結婚できていない」というプレッシャーは大きく、そういった焦りのせいで外国人女性にだまされてしまう、というのは、ある種仕方がない事のように思えます。

それでは、Aさんのケースのような国際結婚詐欺を未然に防ぐ方法はあるのでしょうか?

予防法:①多額のお金を請求されたら詐欺だと思う

Aさんのケースも、他の国際結婚詐欺のケースもそうですが、多くの場合、相手の外国人女性から、多額のお金を請求されることが何度かあります。

「ビザの更新費用にお金が必要だ」 「両親が急に病気になって、手術しなければならない」

など、如何にもな理由をつけて、お金を請求してくるケースがあるのですが、この場合、お金を請求する理由のほとんどは嘘です。

しかも、相手の家族ぐるみで、こういった詐欺行為をしてくるから非常に質が悪く、人によっては外国人女性と結婚したら、相手の両親まで日本に移住してきて……という悪質なケースもあるようです。

結婚相手に対して、ビザや親族の事故、地元警察への賄賂などを理由にお金をだまし取るのは、国際結婚詐欺師にのみ見られる特徴です。日本人では理解出来ないその国の言葉や常識、法律を盾に、お金をだまし取ろうとするこの行為はお互いに外国人だからこそ通用する方法です。

こういった国際結婚詐欺にだまされないために、「多額のお金を請求されたら、国際結婚詐欺だ」と思うようにしましょう。

少なくとも、本当に相手の外国人女性がアナタのことを本当に愛しているのなら、たとえ両親のためと言えど、多額のお金を出させようとはしないハズです。

予防法:②冷静になる

Aさんのような国際結婚詐欺の被害にあう方は、決して少なくありません。 そして、Aさんのように国際結婚詐欺の被害にあってしまう方は、例外なく、相手の女性の言葉を無条件に信じ切ってしまっています。

アナタはAさんの話を読んでいて「こんな詐欺に引っかかってしまって、バカじゃないのか?」「オレなら、こんな詐欺に引っかからない」と思いませんでしたか?

冷静になって考えて見れば、結婚前にお金をあんなにも請求してくる花嫁がいるというのもおかしな話ですし、そもそも結婚相談所が外国人女性を紹介してくるという時点で、すでに詐欺の兆候が見て取れます。

それでもAさんが、国際結婚詐欺にだまされてしまったのは、焦っていたからです。

どこかの段階で、いったん冷静になり「もしかして、国際結婚詐欺なんじゃ……」と疑いの視線を向けていれば、ここまで大きな被害にならなかったかも知れないのです。

だから、あばたも笑窪で、相手の女性に夢中になるのは楽しいかも知れませんが、結婚は人生の一大事。しかも、相手の女性は日本人ではなく、外国人です。手放しに信用するのではなく、相手の行動を今一度冷静になって見つめる必要があるでしょう。

【私の国際結婚詐欺 体験談】36歳 女性 Tさんのケース

私は、若い時から「結婚するなら、断然外国人」「ハーフの赤ちゃんを産みたい!」と常々思っていました。国際結婚詐欺の被害にあった今は、もう外国人男性との結婚は懲り懲りですが、とにかく外国人男性との結婚を夢見ていたのは事実です。

なんでか知りませんが、外国人と結婚したら、幸せになれるような気がしていたんです。

だから「外国人男性と結婚出来る!」という触れ込みで募集をかけていた結婚相談所の婚活パーティーに参加しました。この結婚相談所自体はまともで、実際に結婚相談所で結婚相手を探されていた方も、外資系企業に勤めていた方ばかりでした。

ただ、私がその人の正体を見抜けず結婚したのが間違いだったんです……。

私が出会ったアレックス(仮名)は、大手外資系に勤めるビジネスマンということでした。 顔はハンサム。中東系の整った顔立ちで、私は一瞬で彼のことが好きになってしまったんです。

その時は「私の運命の人は、この人だ!」みたいに勘違いしてしまい、アレックスに猛アプローチをかけ、婚活パーティーの後で、デートを重ねて……。デートの所作もスマートで、女性を自然にエスコートしてくれるアレックスに私もうメロメロで(笑)

今思うと「何バカな男に夢中になってるのよ!!」と昔の自分を怒鳴りたくなってしまいますが、本当に当時は彼に夢中だったんです。

外国人男性にぞっこんになったTさんに襲いかかる悲劇!

アレックスに夢中になっていた私は、冷静ではなかったんでしょうね。 彼が「両親に仕送りしてるから、お金はあんまり持ってなくて」という言葉を真に受けて、食事やデートは毎回私が奢っていました。

で、ある日、彼から「話したいことがある」と言われて呼び出されたので「そろそろプロポーズ!?」とワクワクドキドキしていたら、彼から出た言葉は「仕事をやめて独立するつもり、なんだけど就労ビザが降りないから、アメリカに帰らなければいけない」という別れの言葉だったんです。

でも、私は彼と別れるのだけは嫌だったので「それなら私と結婚して、日本国籍とろうよ!」ということで、とりあえず籍を入れることに。「これで晴れて私も結婚か~」と思っていたら、彼がどんどん家に寄り付かなくなってしまったんです。

「えっ、なんで?」「私たち結婚したんでしょ?」と思っていましたが、いつか元の優しい彼に戻ってくれると気長に待つことにしましたが、ある日突然姿を消してしまいました。

それまで彼が、いろいろな理由をつけては、私から800万円以上もお金を借りていっていましたが、すべては日本国籍と私のお金目当てだったみたいです。

未だに許せませんが、弁護士さんに相談したら、彼にだまし取られたお金が返ってきたので、それだけは良かったかなと。それにしても、私と別れた直後に、すぐに他の女に結婚詐欺を働こうとしていたとしって、腸が煮えくり返る思いでした……!

お金が返ってきただけまだマシですが、彼には私から奪った時間も返して欲しいです!!!

【国際結婚詐欺の実態】外国人男性を行う国際結婚詐欺は、被害額が多くなりがちです!

日本人女性は、外国人男性に対するプラスなイメージが強すぎるせいか、男性以上に国際結婚詐欺の被害にあってしまうケースが少なくありません。

今回のTさんのケースはTさんのお金と日本国籍を狙ったモノでしたが、他の方の場合は、純粋にお金だけを狙っているケースもありました。外国人女性が行う国際結婚詐欺に比べれば、外国人男性が行う国際結婚詐欺は日本人の”ソレ”とよく似た手口のため、男性を狙った国際結婚詐欺よりも、被害額が多くなってしまうケースもあります。

また、実際に来日していない外国人男性にお金をだまし取られるというケースもあるようです。

【私の国際結婚詐欺 体験談】41歳 女性 Nさんのケース

私は実際にあったことがない外国人にお金をだまし取られてしまいました。 彼との出会いのきっかけは、Face○ookでした。

彼、ジェイソン(仮名)は「日本語を勉強したいから、僕とテレビ電話をしてくれませんか?」というようなメールを突然私に送ってきたのです。私は前々から、英語を話せるようになりたくって、自分でも英会話スクールに行ったりしていたので、彼からの申し出は喜ばしいことでした。

もちろん、ジェイソンからFace○ookとは言え、メールが届いた時には正直、訝しい気持ちもありましたが、そんな気持ちもジェイソンと何度かビデオチャットで、お互いに外国語を教えあううちに、忘れてしまいました。

最初の数回はお互いに英語と日本語を教えあって……という感じでしたが、何回もお互いにビデオチャットするうちに、私の方が彼に対して恋愛感情を抱いてしまい、毎日「勉強」という言葉を建前に、彼との通話を楽しんでいました。

最初は楽しいだけの関係だったけれど……!

彼とのビデオチャットは、すっごく楽しくって、時間を忘れていつも長話をしていました。そんなある日、彼が「Nさんと会いたいから、日本に行ってみたい」「Nさんと結婚したい」と私に片言の日本語で、言ってきたんです。

その時、正直ものすごく嬉しかったです。 彼の口から「Nさんと結婚したい」と言われた瞬間、私は彼のために渡航費用を出してあげることを決めました。

彼は遠慮がちに(嘘だったんでしょうが)、私に銀行口座の番号を告げ、いつ会いに行くかまで、私と約束したのですが、指定された銀行口座にお金を振り込んだ瞬間から、ぱったり連絡が取れなくなってしまったんです。

「仕事が忙しいから連絡できないだけ」 「もうすぐ、彼から連絡がきっと来るから」

と思ってた時には、すでに遅かったんですね。 私が彼にお金を振り込んでからは、一切彼とビデオチャットすることはありませんでした。

ご丁寧にFace○ookの履歴まで消して、彼は私の前からいなくなったのです。 実際に結婚したワケではないですが、それでも私からすれば彼の渡航費用にと送金した50万円は決して安い金額ではありません。

できることなら、取り返したい気持ちも強いですが、もう関わり合いになりたくない、というのが本当のところです。

男女共に知りたい国際結婚詐欺にだまされる人の傾向

実際に国際結婚詐欺師にだまされてしまったケースを、3パターンご紹介させて頂きました。実際に似たような国際結婚詐欺の被害にあってしまわれた方も、諦めないでください。

弊社にお電話して頂ければ、アナタにとって一番の方法を一緒に模索します。 もしかすると、アナタが諦めていた「だまされたお金を取り返す」ということも、可能になるかも知れません。

さて、それでは国際結婚詐欺を予防する観点から、3人のケースを参考に、被害に会いやすい人について、ご紹介したいと思います。

自分が国際結婚詐欺に引っかかりやすいタイプか、どうかチェックしてみてください!

  • 好きになると周囲のことが見れなくなる人
  • ある程度のお金を持っている人
  • 結婚に対して焦りを抱いている人
  • 頼られると断れない優しい人
  • 異性関係に不慣れな人
  • 感情に流されがちな人
  • 1~2個:安心
  • 3~4個:注意する必要アリ
  • 5~6個:要注意!国際結婚詐欺被害予備軍

それでは、それぞれの理由を紐解いて参りましょう。

①恋をすると冷静になれない人

国際結婚詐欺の被害にあってしまう方は、恋をすると、その人のことしか考えられなくなってしまう場合が少なくありません。

日本人結婚詐欺師が行う詐欺に対しても、冷静に対処することが必要ですが、外国人とお付き合いする場合は、同じ日本人とお付き合いするよりも、冷静になることが難しい傾向があります。

日本人は外国人に対して、特別意識を持っており、多くの日本人にとって「外国人と付き合っている」ということは、一種のステータスです。だから、多少お金にだらしなくっても、あばたもえくぼで気にならなくなってしまいます。

しかも、恋をすると冷静になれない人の場合は、余計にその傾向が強く出てしまいがちです。

実際に冷静になって外国人の恋人を観察すれば、未然に国際結婚詐欺が防げた場合もあるので、恋をすると冷静になれなくなってしまう人は、特に外国人の方とお付き合いする際には、注意するようにしてください。

②お金があると思われると大変です!

海外旅行が好きだったり、外国人と付き合うために、わざわざ特別な結婚相談所を利用したりするようなタイプは国際結婚詐欺師の良いカモです。

なぜなら、こういうタイプはお金を持っているから。 当たり前ですが、国際結婚詐欺師だって、お金がないよりはお金がある人を狙います。

そして、お金を持っていると判断したら、その人に対する反応が極端に変わります。 日本人は、たとえ結婚詐欺師であっても、手のひらをくるくる回すように、相手によって態度を変える人間は好かれませんが、外国人の場合は逆です。

どこか日本人とは、別の人種だと思っているため、お金のあるなしに関して、態度が変わったところで、さして気にはしません。よっぽど露骨に態度を変えない限り、お金を持っていることを知って、多少態度が変わっても、日本人は外国人に対してなら気にしない傾向があります。

しかし、その外国人に対する無警戒さこそが、国際結婚詐欺師にとっての、絶好のチャンスです。

相手からすればいいカモを見つけた瞬間であり。ご丁寧に相手は相手は外国人だからという理由で自分にたいして警戒心を抱いてはいない……となれば、これほどのチャンスはないでしょう。

日本人相手の婚活では、特に男性の場合お金があることは女性に対する大きなアピールポイントですが、外国人相手に対してはその「お金があるアピール」が隙だと思われ、付け込まれてしまう場合があります。だから、たとえお金があったとしても外国人に対してアピールし過ぎると、国際結婚詐欺のターゲットにされてしまうかも知れませんよ?

③結婚に対して焦っている人も良いカモです!

国際結婚詐欺師に限らず、詐欺師は人を焦らせ、冷静な判断をさせなくすることが得意です。 人間、冷静さがなくなってしまうと小学生が解けるような問題ですら、解けなくなってしまうことがあります。

そして、結婚に対する焦りは、国際結婚詐欺師にとって付け入るスキを与えてしまいます。

なぜなら結婚に対して焦っている人は「誰と結婚するか」ではなく、「結婚すること」が目的になっているからです。ある意味「結婚出来るなら、誰でも良い!」みたいな状況になっているので、結婚詐欺師にだまされやすくなっています。

特に外国人の場合は、結婚する相手とある程度年の差があっても気にしない……というイメージが何故かあります。テレビ番組などで、年齢が離れた外国人カップルが良く取材されているからかも知れませんが、そういったイメージが日本人に植え付けられてしまっているからから、日本人同士なら年の差を気にする人も、外国人との結婚となると、途端に年の差を気にしなくなってしまうことがあります。

そういった心の隙きこそが、日本人が国際結婚詐欺師に狙われやすいポイントです。

日本人結婚詐欺師に対しては、年齢差が大きい場合は気にするものも、外国人に対しては年の差を気にしない。そして、焦っているからこそ「なぜ相手が年の差を気にしないのか」という部分に疑問を抱かなくなってしまう。そういった心の隙きと結婚に対する焦りこそが国際結婚詐欺師に狙われてしまうウイークポイントなのです。

④優しい人、情に厚い人もご注意を!

本来、優しいことは良いことです。優しくない人よりも、優しい人の方が、モテるべきなのですが、残念ながら結婚市場では、そうも行きません。

しかも、国際結婚詐欺師にとって、優しい人、情に厚い人は、狙い目なんです!

優しいからこそ、相手の嘘を信じてしまう。 情に厚いからこそ、困った相手をほっとけない。 こういう人は、日本人の結婚詐欺師にとっても同様にいいカモではありますが、外国人相手からすれば、まさに理想のカモです。

海外で日本より恵まれた国は、ほとんどありません。そういった前提条件の前で、我々日本人は、どうしても困っている外国人に対して、何かをしてあげたくなってしまいます。そして、優しい人ほど外国人の言葉に――たとえそれが嘘だったとしても耳を傾けてしまい、結果的にお金をだまし取られてしまいます。

特に情に厚い人は面倒見が良いので、何かと便宜を図ってしまいますが、姑息な外国人にとって、その状況は「庇を貸して母屋を取られる」そのもの。少しずつその優しさ、情の厚さにつけ込み、アナタの財産をすべて奪い取ってやろうと画策しています。

普段は優しい人、情に厚い人でも良いのですが相手が外国人である場合は、優しいからこそ、情に厚いからこそ、お金をだまし取られてしまうかも知れない。そう思って日本人以上に警戒するようにしてください。

⑥異性に不慣れな人も要注意!

男女問わず、真面目に生きてきた人の中には、異性関係に不慣れた人も大勢いらっしゃいます。

特に日本人は外国人に比べてシャイですから、外国人のストレートな口説き文句や誘い文句に免疫がありません。そして、そのせいで「コロッ」とだまされてしまいます。実は、その点が国際結婚詐欺師ならではの手口だったりします。

付き合っている相手が同じ日本人であり、付き合ってからたいして日数が経っていないのにもかかわらず「アナタのことが好き」「愛している」と歯の浮くようなことを言われたら、警戒してしまいますが、相手が外国人だった場合はどうでしょう?

日本人よりも感情表現がダイナミックであり、感情豊かな外国人から「スキ、スキ」「アイシテル」と言われて警戒するどころか、気を良くする人の方が大半なのではないのでしょうか? そんな日本人の隙きを国際結婚詐欺師は見逃しません。しかも、異性関係に不慣れな人であれば、外国人からのスキスキ攻撃に気を良くして、あっという間にだまされてしまうことでしょう。

異性関係に不慣れであると自覚しているのならば、いったん誰かに相談するなりして、冷静になって、相手の外国人の真意を考えてみませんか?

⑦一時の感情で国際結婚を決めないで!

日本人同士の結婚ですら大変なのですから、外国人との結婚は、日本人同士を上回るほど大変です。

国際結婚を否定するワケではありませんが、勢いだけで失敗するのは、国際結婚詐欺であろうと、普通の国際結婚であろうと同じこと。一時の感情だけで国際結婚を決めてしまうと、後々後悔することになるかも知れません。

特に国際結婚は普通の結婚よりも、障がいが多いため、冷静になる機会が少ないだけでなく。燃え上がった恋の炎がなかなか、燃えさがらないという特徴があります。普通の結婚詐欺師が使う「相手を不安にさせるテクニック」と同様に、外国人と結婚するための障がいをクリアできないということは、すなわちその相手を失うということでもあります。

そんな状況では冷静になれないだけでなく、結婚に対する意識が高まりやすいので、いくら普段は冷静な人であっても、一時の感情で国際結婚に踏み切ってしまう場合があります。

またNさんのケースのように、「彼のために」と外国人の話を真に受けてしまい、後先考えずに相手にお金を渡すと、二度とお金が返って来ない場合もあります。相手のことを好きになってしまうと、感情だけで動いてしまいがちですが、よくよく考えてみると「あれ?おかしいぞ……」という部分が出てくるので、外国人との結婚をお考えの際には理性を持って、相手と自分の関係を見つめ直すことも重要ですよ。

国際結婚詐欺師の被害をおまかせください。まずは誰かに相談を

国際結婚詐欺は、相手が海外に逃亡してしまうと、手が出しにくくなる場合もあります。少なくとも警察に頼る場合は、相手が海外に逃げてしまったら、手続きが困難なため対応が後手後手に回ってしまい、結果的に逃げられてしまう、ということも残念ながら少なくありません。

一番ベストな方法は、詐欺被害にあう前に相手の本性を見破ること。

後手後手に回ってしまっては、特に「母国」という日本以外の逃げ場がある外国人に対して、決定的な一撃を与えることはできません。国際結婚詐欺でだまし取られたお金を取り返すために、必要なことは相手を逃がさないこと

迅速な行動こそ勝利の鍵です。 「もしかして」と思うことがあったら、とりあえず然るべき機関に相談することから、はじめてください。