ニュースでも報道された競馬詐欺の5つの逮捕事例をまとめて紹介

コロナ禍、リストラ、不景気。会社を頼りに出来ないし、副業で一発当てて、人生逆転したい!!そう思っている方多いと思います。

そんな中、「競馬で必ず儲かります!!」「あなたは特別な顧客です!!」「必ず儲かりますよ。」と言われたら、つい多額のお金を払ってしまうかもしれません。

そんな話は絶えません。

そこで、詐欺被害専門の認定司法書士が、「5つの逮捕事例」、「専門家が見る詐欺のポイント」、「3つの返金方法」についてお話いたします。

詐欺被害に強い法律事務所に無料相談
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談を受け付けております。
  • 何回ご相談されても相談料はかかりません
  • 詐欺の返金方法を聞きたい・相談だけしたい方でもお気軽にご連絡ください
  • ご相談の受付につきましては、被害金額が20万円~140万円までの事案となります
  • 詐欺の返金実績が豊富な認定司法書士が親身誠実に対応させていただきます

競馬詐欺の5つの逮捕事例

逮捕ニュース①:高額配当が得られる情報を提供する?虚偽の情報提供で競馬情報会社の元社長ら逮捕!!

競馬の情報料名目で4人から計約190万円をだまし取ったとして、千葉県警は14日、千葉県市川市で競馬情報提供会社を経営していた男や元従業員ら13人を詐欺容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。
捜査関係者によると、男らは2014年1月~昨年5月に、東京都や千葉県、茨城県などの男性4人に、高額配当が得られる競馬情報が入手できるなどと偽って、情報料や更新料などの名目で計約190万円をだまし取った疑いがある。
男らは複数の競馬情報会社を経営していた。会社の決算資料では、05年9月~昨年5月に、全国各地の延べ約4万人から計約29億円を集めていたといい、県警は全てだまし取ったものとみている。
男らは複数の社名を使い、入手した名簿をもとにダイレクトメールを送り、折り返しの電話があった人たちに「競馬専門紙の優秀な人物からの情報がある」などと持ちかけていた。だが情報を提供しなかったり、男らが予想したいい加減な情報だったりしたという。

専門家が見るこの逮捕事例のポイント

①「必ず儲かる。」

「高額配当が得られる競馬情報が入手できる」、「競馬専門紙の優秀な人物からの情報がある」等、事件によって表現は違いますが、詐欺師は、「必ず儲かる。」という話を持ちかけて、あなたに近寄ってきます。この様な言い回しがあればご注意ください。

➁あなたは特別な会員。

上記の記事には記載していませんが、「必ず儲かる。」という様な言い回しと、「あなたは特別な会員」、「あなたは、この話を聞けて非常に幸運だ。」という言い回しはワンセットです。これらの表現で言い寄ってきたら、詐欺であることの蓋然性が高くなっていきます。本件も同様な経緯あったかもしれません。

➂被害額について。

この事件では、「4人から計約190万円」と、一人当たり、50万円から100万円くらいになる金額を「情報料」として請求してきます。50万円から100万円と言うと、ちょうど一般人が消費者金融やカードローンで借りられるくらいの金額です。これくらいの金額を狙って、情報料と称して請求してきている事件は多いです。

④組織形態について。

「全国各地の延べ約4万人から計約29億円」、「複数の社名を使い」、「入手した名簿をもとにダイレクトメールを送り」と手口が組織的です。当職も同様の経験があります。この手の詐欺は、会社名が異なるだけで、手口が全く同じです。表は違う会社名かもしれませんが、中身は同じなのでしょう。

逮捕ニュース➁:有名競馬騎手の親戚を語り勝つ馬を教える!!住所不定無職の男を逮捕!!

騎手の武豊さんの親戚をかたって「勝つ馬がわかる」とうそをつき、訪れた京都市内のすし店の板前から2万円をだまし取ったとして、京都府警は12日、住所不定で無職の菊本輝昭容疑者(72)を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。府警には1月以降、同様の誘いを受けたという相談がほかに計7件あり、菊本容疑者は「ほかにもやった」と供述しているという。
東山署によると、逮捕容疑は1月8日昼過ぎ、日本中央競馬会(JRA)の調教師になりすまし、板前の男性に「間違いなく勝つから代行して馬券を買ったる。いくら持ってる?」いくら持ってる?」と尋ね、現金を詐取したというもの。日本中央競馬会の実在する元調教師の名前が書かれた偽の名刺を渡し、「武豊の親戚だ」と伝えたという。代行して買うとしたレースは架空のものだった。
板前の男性は取材に「親戚だから『今度、豊をつれてくるわ』と言い、名刺も出してきたので信じてしまった」と話した。開店前の仕込み中に「予約がしたい」と来店し、雑談で競馬の話になったという。「競馬に詳しいので信じてしまった。絶対当たるなんて話はあるはずないのに」と悔やんだ。

専門家が見るこの逮捕事例のポイント

①関係者に成りすます。

「武豊の親戚」、「日本中央競馬会(JRA)の調教師」、「日本中央競馬会の実在する元調教師の名前が書かれた偽の名刺を渡す」、「親戚だから『今度、豊をつれてくるわ』と言い、名刺も出してきたので信じてしまった」等、関係者に成りすまし、言い寄ってくる事件は後を絶えません。JRAのHPにも下記のとおり、記載があります。

「JRA公認」「○△馬主会」「○△調教師会」などと称し、実際には存在しない団体や個人から極秘の情報提供を得ている、前もって結果が決まっているレースがあるなどと虚偽の広告・宣伝をして、会員を募集している悪質な予想・情報提供業者が存在します。

「関係者である。」、「情報を流す。」と言ったら間違いなく疑ってかかるべきです。JRAの公式HPでも上記のように説明しているわけです。関係者が情報を流すはずはありません。また、関係者が情報漏洩したとなると、会社も個人も、民事上、刑事上の罪となりえます。その様なことを日本中央競馬会(JRA)がするはずがないです。

➁勝つ馬が分かる。

「勝つ馬がわかる。」、「間違いなく勝つから代行して馬券を買ったる。」と言っています。しかし、そんな情報ありません。JRAのHPにも下記のとおり、記載があります。

「前もって結果が分かっているレース」等は、一切存在しません。

この犯人に限って言うならば、あまりにも迂闊で、素人臭さがあります。また被害金額も低くく、他の事件と比べて、組織的ではありません。

ただ全ての事件に言えることは、被害の大小に関わらず、詐欺師は、美味しい話しをしてきます。美味しい話しがあったら、乗らないことです。気を付けましょう。

逮捕ニュース➂:「全戦全勝の実績を誇る革新的な情報」がある?被害額1億円越え!!偽の情報で競馬情報サイトの社員を逮捕!!

競馬の勝ち馬を教えると持ちかけて現金をだまし取ったとして、警視庁は28日、横浜市神奈川区中丸の無職宮崎誉暢(たかのぶ)容疑者(33)ら男2人を詐欺容疑で逮捕し、発表した。同庁は2人の認否を明らかにしていない。
捜査2課によると、2人は今年2~3月、神奈川県横須賀市の40代女性に「金を払えば情報提供する」などと電話でうそをつき、数回に分けて現金計約240万円を振り込ませ、詐取した疑いがある。女性に情報は送られていなかった。
2人は宮崎容疑者が実質的に運営する競馬情報サイト「プロジェクト」に登録した人に、「全戦全勝の実績を誇る革新的な情報」などとメールを送って勧誘していた。同課は、2人が昨年10月以降、同様の手口で全国の約200人から計約1億4千万円を集めていたとみており、詳しく調べている。

専門家が見るこの逮捕事例のポイント

①「競馬の勝ち馬を教える」、「全戦全勝の実績を誇る革新的な情報」

逮捕事例②でもお話ししたとおり、「競馬の勝ち馬を教える」そんな情報は無いです。JRAのHPにも記載があります。詐欺の常套手段と思ってください。
また、逮捕事例①でもお話ししたとおり、「全戦全勝の実績を誇る革新的な情報」など、事件によって表現は違いますが、詐欺師は、「必ず儲かる。」という話を持ちかけて、あなたに近寄ってきます。それもまた詐欺の常套手段です。そんな情報は無いです。

②「電話でうそをつき」

被害者の方から、「知らない電話番号から、いきなり電話がかかってきました。それで信用してしまった。」と、ご相談をよく受けます。どこかでリストが出回っていると考えられます。しかし、「電話番号なんて教えていないのになぜ電話かかってきたのだろう。」と不思議に思うかもしれません。
考えられるのは2つです。

②-1 他の副業サイトで自身の電話番号を教えたことがある。

このような詐欺まがいのサイトは水面下で繋がっています。情報はリスト化されているでしょう。身に覚えのない番号から電話が来た場合は、このようなことが考えられます。

②-2 個人情報が出回っている。

詐欺を働く連中は、カード会社、消費者金融から流出したリスト宛に電話をして来ることが考えられます。卒業アルバムの個人情報が出回っている場合もあります。
当たり前のことかも知れませんが、知らないところから電話があったら相手にしないことです。断っても相手が電話を切ってくれないならば、「なんの用ですか?警察呼びますよ。」と電話を切ってもいいでしょう。

➂ 被害者について。

被害者は、40代女性と、競馬に無縁の方に思われます。しかし、「競馬とは無関係の人たち」がターゲットとされることは多いです。実際に騙されてご相談にくる方々は、競馬にそれほど詳しくない方が圧倒的に多いです。競馬を知らないので騙されてしまうのかもしれません。

④ 被害額について。

「約200人から計約1億4千万円」と、一人当たり、70万円くらいになる金額を「情報料」として請求してきています。1-1-1➂でもお話しましたがが、一般人が消費者金融やカードローンで借りられるくらいの金額です。これくらいの金額を狙って、請求してきているのでしょう。

⑤ 組織形態について。

「競馬情報サイト「プロジェクト」に登録した人に、「全戦全勝の実績を誇る革新的な情報」などとメールを送って勧誘していた。」と手口が組織的です。また、1-1-1④と似ています。リストも出回り、表は違う会社名かもしれませんが、中身は同じなのでしょう。

逮捕ニュース④:競馬が当たる予想を教える?犯人はホテルを転々と。こちらも被害額が1億円越え!!組織的犯罪で犯人逮捕!!

競馬が当たる予想を教えると電話で嘘を言い、現金をだまし取ったとして、警視庁と福岡県警は詐欺の疑いで、東京都葛飾区の無職、小笠原英生容疑者(37)を逮捕した。調べに対し、「逮捕されたことについて意味がわかりません」と容疑を否認している。逮捕は13日付。
逮捕容疑は1月中旬から2月上旬にかけて、八王子市の女性(61)に電話をかけ、競馬予想の情報料名目で現金5万円を振り込ませ、だまし取ったとしている。
警視庁捜査2課によると、小笠原容疑者の詐欺グループは兵庫や広島のビジネスホテルなどを転々としており、同課は2月、同容疑でグループの3人を逮捕した。
競馬予想をうたった詐欺の被害は昨年、全国で約35件確認されており、被害総額は計約1億4000万円に上るという。

専門家が見るこの逮捕事例のポイント

①  競馬が当たる予想を教えると電話で嘘を言い、現金をだまし取った

先ほどからお話ししているとおり、詐欺師は、「必ず儲かる」、「必ず当たる。」と言い寄ってきます。そんな情報はあるわけないです。
また、電話がかかってきたのも、どこかで登録したサイトからか、ご自身のクレジットカードの顧客情報のリストが出回っているのでしょう。

➁ 「兵庫や広島のビジネスホテルなどを転々としており」

自身の足がつかない様に場所を転々としている詐欺集団なのでしょう。
当職も同じ様な詐欺被害について担当した経験があります。
被害は、札幌、東京、名古屋、大阪でありました。
相手の会社名は違いましたが、契約書のひな形は同じ、商品も同じ、手口も全く同じである詐欺集団でした。

➂ 被害者について。

被害者は、61歳女性です。やはり、1-3の事件と同様に被害に遭う方は、競馬と縁遠い方に思われます。競馬を知らない方の方が、競馬に詳しくない分、狙われるのかもしれません。

逮捕ニュース⑤:元競馬関係者の情報ルートがある?競馬関係者が密約を交わした情報を提供する?偽の情報で犯人逮捕!!

「競馬の勝ち馬が分かる」と虚偽の情報を提供して現金をだまし取ったとして、大阪府警捜査2課などは25日、自称競馬情報提供会社社員、東健太容疑者(30)=東京都西東京市ひばりが丘3=ら男女4人を詐欺容疑で逮捕した。
逮捕容疑は2010年11月、都内の70代男性に電話で「元競馬関係者の情報ルートがある。1千万円単位でもうかる」と偽り、情報提供料名目で銀行口座に計190万円を振り込ませた疑い。
同課によると、東容疑者らはダイレクトメールを送信。電話してきた客を勧誘していた。
兵庫県警も同日、虚偽の競馬のもうけ話を持ちかけて同県尼崎市の女性(64)から現金をだまし取ったとして、情報サービス会社社長、豊田重幸容疑者(36)=東京都港区赤坂6=ら4人を詐欺容疑で逮捕した。
県警によると、豊田容疑者らは「競馬関係者が勝馬について密約を交わした情報を提供する」と虚偽の内容のダイレクトメールを送付。女性は代金約190万円を振り込んだが、一度も当たらなかったという。同社の口座には全国の約200人から約4千万円の振り込みがあったといい、県警が裏付けを進めている。
日本中央競馬会(JRA)は、悪質な業者名をホームページ上に公表、誤った宣伝文句を訂正・削除するよう警告文を業者に送るなどの対策を取っているという。

専門家が見るこの逮捕事例のポイント

今までご紹介した事件の集大成みたいな事件です。以下のとおり、かなりの共通点があります。

① 勝馬分かる。

先ほどからお話ししている通りです。最初から勝馬が分かるレースなどありません。明らかな偽情報です。JRAのHPにも注意喚起されています。繰り返し言いますが、前もって結果の分かっているレースなどなく、勝つ馬など分かりません。

② 「元競馬関係者の情報ルートがある。1千万円単位でもうかる」、「競馬関係者が勝馬について密約を交わした情報を提供する」

これも先ほどからお話ししている通りです。元競馬関係者が情報を流すはずがないですし、勝馬について密約を交わしたりなどしません。また、その様な情報など存在しません。

➂ 被害者について

被害者は、70代男性、64歳女性です。この事件もまた、競馬には詳しくない人がターゲットにされています。競馬に詳しくない人ほどご注意が必要です。

④ ダイレクトメールの送付

逮捕事例②でもお話ししましたが、ダイレクトメールが来たのも、どこかで登録したサイトからか、もしくは、ご自身のクレジットカード、消費者金融などの顧客情報のリストが出回っているのでしょう。知らないメールアドレスからメールが来たら無視してください。

競馬詐欺の被害にあった時の3つの対処法

この記事を読まれている方の中には、「競馬詐欺で警察に逮捕してもらえば返金されるのでは」とお考えの方もいるかもしれませんが、警察は民事に関してはノータッチです。
では、詐欺業者に返金させるためにはどう対処すべきでしょうか。

①証拠を集めて自分で交渉する

通常、競馬詐欺の業者が返金に応じることはありませんが、被害者が違法性を裏付ける証拠を揃えていれば返金される可能性もあります。
証拠を揃えたうえで業者に毅然とした態度で臨むことで、「この被害者は証拠集めもしているし、返金に応じないと警察に駆け込まれるかもしれない」と業者を心理的に追い込むことができるかどうかが重要なポイントです。具体的には以下の証拠を揃えておくといいでしょう。

  • 担当者との会話の録音ファイル
  • サイト内の全ての画面のキャプチャ画像(的中証明書が掲載されていたらそれも全て保存)

②消費者センターに相談する

クーリングオフが可能な場合や、明らかな法律違反や詐欺である場合は、仲介という形で競馬詐欺業者に消費者センターから連絡を入れて返金に応じてもらえるよう働きかけてくれることもあります。

ただし、違法と言い切れないグレーな案件では対応してくれないこともありますので注意が必要です。

③認定司法書士・弁護士に相談する

上記2つの対処法と違い費用はかかりますが、法律の専門家に法的な問題点や違法性を指摘されることであっさりと返金に応じる競馬詐欺業者も少なくありません。訴訟沙汰や刑事告訴を避けたいという心理が働くためです。

司法書士・弁護士費用の捻出が厳しい方でも、一定の条件を満たせば法テラスの民事扶助制度により立て替え払いをしてもらうこともできます。また、着手金0円で成功報酬のみ発生する法律事務所に依頼すれば初期費用がかかりませんので、費用をかけずに早急に返金交渉をしてもらいたい方は成功報酬制の事務所に相談しましょう。

まとめ

「6つの逮捕事例」、「専門家が見る詐欺のポイント」、「3つの返金方法」についてお話しいたしました。

競馬情報詐欺を働く人たちの特徴としては、以下の通りです。

  • ① 貴方を特別扱いする。
  • ② 必ず勝つ情報があると言う。
  • ③ 誇大広告をする。
  • ④ 情報料として多額の料金を請求してくる。

私の経験から言ってこれらが2つ以上(本当は1つでも。と言いたいのですが。。。)当てはまるころは、まず怪しいと思ってください。

特に④の場合に、「消費者金融からお金を貸りてください。」、「カード払いができますよ。」「直ぐ取り返せます。」と誘惑してきたら、まずアウトです!!

既に被害に遭った方、今悩んでいる方、返金方法も記載しました。

お役立ていただければ幸いです。

詐欺被害に強い法律事務所に無料相談
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談を受け付けております。
  • 何回ご相談されても相談料はかかりません
  • 詐欺の返金方法を聞きたい・相談だけしたい方でもお気軽にご連絡ください
  • ご相談の受付につきましては、被害金額が20万円~140万円までの事案となります
  • 詐欺の返金実績が豊富な認定司法書士が親身誠実に対応させていただきます
詐欺で騙されたお金を取り返したい方は無料で相談しましょう

弁護士法人若井綜合法律事務所では、全国どこからでも24時間、無料相談を受け付けております。

法律事務所に相談したこともないし身構えてしまう…
騙されたお金を取り返したい…でもどうやって取り戻せばいいのだろう…方法だけでも聞いてみたい。

そのような方は、当法律事務所にお気軽にご相談下さい。
気楽なお気持ちでまずは詐欺被害の解決方法だけでもご相談してみてはいかがでしょうか

詐欺で騙されたお金は時間がたてばたつほど返金させるのが困難になります
法律家の立場から、返金させるには”今なにをすべきか”、適切なアドヴァイスをさせていただきます。