キャッシュ・クレジットカードの詐欺被害にあった時の相談窓口

一般社団法人日本クレジット協会の資料によると、平成26年度のクレジットカード不正利用被害額は114.5億円であったのにたいし、平成30年度では235.4億円と倍増しています。

それに伴い、クレジットカードの不正利用による被害相談は年々増加しています。

この記事では、警察や弁護士のほか、カード被害について相談を受け付けている専門の相談窓口を紹介していきます。

詐欺被害に強い弁護士に無料相談
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます
  • 24時間年中無休ですので早急な対応が可能です
  • 何回ご相談されても相談料はかかりません
  • 詐欺の返金方法を聞きたい・相談だけしたい方でもお気軽にご連絡ください
  • 詐欺の返金実績が豊富な弁護士が親身に誠実に対応させていただきます

カード詐欺被害の相談窓口

ここでは、次のようなカード被害にあった人の相談窓口を紹介します

  • 紛失・盗難されたカードでお金を引き出されたりキャッシングやショッピングの不正利用をされた
  • カード会社や銀行のサイトを模造してカード情報を盗まれるフィッシング詐欺の被害にあった
  • 飲食店等の店舗でカードの磁気情報をコピーされるスキミング被害にあった
  • ネットショッピングをしてカード決済したが商品が送られてこない詐欺被害にあった
  • コンピューターウィルスに感染した端末で偽のショッピングサイトに誘導されクレジットカード情報を盗用された
  • カードの請求書にまったく身に覚えのない使用履歴が記載されていた

警察

犯人を逮捕してもらいたいのであれば、警察に相談のうえ、被害届または告訴状の提出が必要となります。全国警察署一覧からお住まいの地域を管轄する警察署を探し、相談に出向きましょう。

その際は、悪用されたカードの情報(カード番号等)をメモしたものや、悪用された日付がわかるもの(カード明細や通帳等)を持参すると良いでしょう。

また、被害にあったのかどうかが曖昧な状況であれば、警察相談専用電話#9110に電話してください。犯罪に至っていないケースについても、警察官や元警察官が相談対応してくれます。

ただし、警察はあくまでも犯人を逮捕することを業務としていますので、騙し取られたお金を取り返してくれるものではない点に注意が必要です

弁護士

犯人を処罰することよりも、返金させることが主な目的である場合は弁護士に相談しましょう。

弁護士は依頼を受けて、刑事告訴を代理することができますが、弁護士が告訴状を提出することにより受理される割合がアップします。

つまり、カード詐欺の犯人とすれば、返金に応じなければ弁護士に刑事告訴されて逮捕される心配がつきまといます。そのため弁護士の要求に応じて、騙し取ったお金を返してくるケースが多いのです。

とはいえ、弁護士費用の負担が難しい方もいると思います。その場合は、一定の条件を満たせば弁護士費用を立替払いしてくれる法テラスの民事法律扶助を利用しましょう(立替払いですので、原則的には返す必要があります)。

各金融機関・クレジットカード会社

キャッシュカードやクレジットカードの盗難、紛失、不正引き出し、不正利用、詐欺など、カードに関する何らかの事故や事件に巻き込まれたときには、被害の防止や拡大を防ぐために、まずは契約している金融機関やカード会社に連絡をするようにしてください。

紛失や盗難は「紛失盗難受付デスク」

カードそのものを盗まれてしまったり、落として紛失してしまったりしたときには、クレジットカード会社や金融機関が設定している「紛失盗難受付デスク」に連絡することになります。名称はそれぞれのカード会社や金融機関によって異なりますので注意してください。

電話番号以下のサイトを参照してください。

クレジットカード盗難・紛失時の各社電話番号一覧

キャッシュカード・通帳・印鑑の盗難・紛失時の各社電話番号一覧

受付時間クレジットカードについては年中無休・24時間体制。キャッシュカードについては一部の金融機関においては受付日時が限定されていることもあるため上記参考サイトから要確認。

不正引き出し・不正利用の相談先

自分の銀行口座から不正にお金を引き出されていた、クレジットカードの明細書に身に覚えのない不審な利用履歴があった。このような不正引き出し、不正利用の被害にあったときは、各金融機関・カード会社によって相談窓口が異なります

先に紹介した、紛失盗難受付デスクで対応することもあれば、コールセンター、不正利用専門相談窓口で対応していることもあります。ただし、先ほど紹介した紛失盗難受付デスクに不正利用の被害を報告すると、適切な相談先に電話を回してくれたり、電話番号を教えてくれます

なお、クレジットカードにはすべて紛失・盗難保険がついていますので原則的には補償されます。また、キャッシュカードや預金通帳による不正引き出しについても、預金者保護法により補償の対象となっております。フィッシング詐欺やスキミング詐欺によって不正利用された場合も、一般的には盗難保険の対象となりますが、念のため相談時に確認しておきましょう。

電話番号各金融機関・カード会社によって異なりますが、紛失盗難受付デスクに電話すれば適切な相談窓口を案内してくれます。
受付時間各金融機関・カード会社によって異なりますので問い合わせが必要です。

日本クレジット協会 消費者専用相談電話

一般社団法人日本クレジット協会は、クレジットカードを取り扱う943社もの企業が会員となっている団体です。この協会では、消費者相談専用電話の窓口を設け、クレジットカードに関する一般的な質問やカード会社への苦情の受付のほか、不正利用についての相談不審な請求についての相談も受け付けています。

相談内容によって適切なアドヴァイスをくれるほか、内容に応じた適切な相談機関の紹介も行っていますが、協会会員以外に関する相談は受け付けておりませんので、不正利用されたカードのカード会社が協会員かどうかを、会員一覧のページで確認してから電話するようにしましょう。

電話番号03-5645-3361
受付時間月曜日~金曜日の午前10時~午後12時/午後13時~午後17時
※祝日と年末年始を除く
詐欺被害に強い弁護士に無料相談
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます
  • 24時間年中無休ですので早急な対応が可能です
  • 何回ご相談されても相談料はかかりません
  • 詐欺の返金方法を聞きたい・相談だけしたい方でもお気軽にご連絡ください
  • 詐欺の返金実績が豊富な弁護士が親身に誠実に対応させていただきます
詐欺で騙されたお金を取り返したい方は弁護士に無料で相談しましょう

全国どこからでも24時間、弁護士による無料相談を受け付けております。

弁護士に相談したこともないし身構えてしまう…
騙されたお金を取り返したい…でもどうやって取り戻せばいいのだろう…方法だけでも聞いてみたい。

そのような方は、当法律事務所にお気軽にご相談下さい。
気楽なお気持ちでまずは詐欺被害の解決方法だけでもご相談してみてはいかがでしょうか

詐欺で騙されたお金は時間がたてばたつほど返金させるのが困難になります
弁護士の立場から、返金させるには”今なにをすべきか”、適切なアドヴァイスをさせていただきます。